暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

生命保険を見直して保険料を節約しましょう



保険料を節約するためのポイントをまとめました。
保険料を安くするには、不要な特約を削る、割引制度を利用するといったことが思い浮かびますね。しかし、一番重要なことは、家計を圧迫するほどの保険料を支払ってはいけないということです。
特に生命保険は、「住宅に次いで2番目に高い買い物」と言われるほど保険料の負担が多くなってしまいがち。本当に必要な保障かどうかを見極め、保険料を安く抑えましょう。

生命保険は比較・見直しで保険料を節約することができる場合があります。
・会社に出入りしている生命保険屋に勧誘された
・加入している生命保険の具体的な内容を把握していない
・親が勧める生命保険を選んだ
・結婚や出産を機に保険を見直そうと思っていても後回しになっている

これらの条件に当てはまる人は、生命保険の見直しをすることで保険料が節約になる可能性があります。多ければ百万円単位の節約になるというのですから驚きです。

保険料を安く抑えるポイントとして、生命保険は更新型より全期型のを選ぶことが挙げられます。というのも、総払込保険料が更新型よりも全期型の方が安くすむからです。
お祝い金や無事故ボーナスといった一時金がついた生命保険は要注意です。一時金がついている生命保険の保険料は、一時金を積み立てるために高くなっているのです。しかも、一時金は病気や入院をした場合は支払われない仕組みになっているので、お得とは言えません。
では、保険料が安い生命保険を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。
おすすめなのは、損保系生命保険会社(あいおい生命、損保ジャパンひまわり生命、三井住友海上きらめき生命など)。損保系の生命保険は、長割り終身や収入保障保険など長所が多い商品を取り扱っています。
とはいえ、多くの情報を集め生命保険を選ぶとなると素人にはなかなか難しいもの。保険相談を利用してみるのもひとつの手段です。
この時、セールスレディーや営業マンに相談してはいけません。接客のプロである彼らの話術にはまっていつのまにか生命保険を契約してしまう危険性があります。

生命保険に詳しいファイナンシャルプランナーに相談しましょう。
生命保険ドットコムや保険マンモスファイナンシャルプランナーが保険相談に乗ってくれます。


・生命保険ドットコム>>生命保険の見直し無料相談はこちら



関連記事

  1. 自動車保険を節約するための見直しポイント
  2. 手数料が安いFX(外国為替証拠金取引)のすすめ
  3. 金利が高い外貨預金で資産を運用しよう
  4. 小額の株式投資でお得な株主優待券をゲットしよう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/85

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0