暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

自動車保険を節約するための見直しポイント



自動車保険を安く抑えるには、更新前に条件などを見直すことが大切です。保険会社から届く更新案内を見てそのまま継続して契約するより、自動車保険を比較・見直しすると保険料が安くなることがあります。

自動車保険が安くなる条件として、ドライバーの免許証の色(ゴールド免許)や年齢、車の走行距離や安全装備(ABS、エアバッグなど)が挙げられます。いわゆるリスク分散型と呼ばれる自動車保険です。条件に合えば、保険料を安く抑えることができますが、リスクが高い場合は保険料が高くなってしまう可能性があります。

自動車保険の契約内容を見直してみましょう。

例えば車両保険を利用する際の免責額を高く設定することで保険料を安くすることができます。
免責額とは、車の修理代などで支払うお金のことをいいます。極端な例ですが、30万円の中古車に30万円の修理代を支払うのはバカバカしいのですよね。この場合、思い切って車両保険を外してしまうと保険料をかなり抑えることができます。
また、保険料を安くするには事故を起こさないことが重要です。事故を起こさなければ、自動車保険の等級が上がり保険料が安くなります。等級は1~20等級まであり、20等級になると保険料が60%も安くなるそうです。他社の保険会社に契約を変更する場合でも、条件により等級を引き継ぐことが可能です。

数万円安くなることも!!>>自動車保険見積もりのインズウェブ

自動車保険 比較

自動車保険の資料請求や見積もりは、一社ずつ資料を請求したり見積もりを出してもらうのは手間がかかるので、インターネットで一括の自動車保険見積もりを利用すると簡単です。
最大20社から見積もりが取れる、インズウェブ(http://www.insweb.co.jp/)や、過去の口コミや質問が参照できる価格コム(http://kakaku.com/kuruma/hoken/)がおすすめ。




関連記事

  1. 生命保険を見直して保険料を節約しましょう
  2. 手数料が安いFX(外国為替証拠金取引)のすすめ
  3. 金利が高い外貨預金で資産を運用しよう
  4. 小額の株式投資でお得な株主優待券をゲットしよう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/84

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0