暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

住宅ローンの借り換えで返済を少しでも楽にしたい

住宅ローンさえなければ...、住宅ローンがはやく終われば...、と思いながら節約生活を送っているのなら、住宅ローンの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンの借り換えとは、今の高い金利の住宅ローンをいったん決済し、新規に低い金利の住宅ローンを組むことを言います。
公的資金から公的資金への借り換えをすることはできません。公的資金から民間資金、または民間資金から民間資金への借り換えとなります。
この頃は、住宅ローンの借り換えを目的とした、借り換え専用の住宅ローンが金融機関で取り扱われています。借り換え専用の住宅ローンを利用するにはいろいろな条件をクリアする必要があります。

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンを例にします。
・これまでの住宅ローンの返済実績が1年以上
・住宅ローン完済時の年齢が満80歳未満
・住宅金融支援機構の保証(特定住宅融資保険)を受けることができる
・三菱東京UFJ銀行の団体信用生命保険にご加入できる
など。
これらの条件は概ねどこの銀行でも同じです。
この他に、連帯保証人が必要になるケースがあったり、物件の延床面積に条件がつくことがあります。

担保価格が減少し借入残高が高い場合は、住宅ローンの借り換えが難しくなります。地価が下落し長引く不景気で担保価格の上昇はあまり期待できません。金融機関では、市場価格から査定価格に修正した後、担保の掛目を乗じ融資可能額を算出します。当然これでは、担保価格より借入金額が上回ることになるのです。つまり、自己資金で借入残高を大幅に減らしてからではないと、住宅ローンの借り換えは不可能ということになります。節約をしてある程度のお金が貯まってから住宅ローンを借り換えるのが理想です。



関連記事

  1. 住宅ローンは固定金利がいい?変動金利がいい?
  2. 引越し費用を安く抑える決めワザ!
  3. 日曜大工で住宅費を節約!家の修繕は自分でやろう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/80

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0