暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

住宅ローンは固定金利がいい?変動金利がいい?

住宅ローンを組むときに、固定金利の方がよいのか変動金利の方がよいのか悩む方が多いようです。この疑問の答えは、「どちらにもメリット・デメリット」があるとしか言えません。
固定金利のメリットは、借入時に総返済額が分かり、金利が上昇しても大きな影響を受けないことです。固定金利のデメリットは、金利が高い時期に借入をするとずっと高い金利で支払いが続くことです。また、変動性よりも金利が高いのが固定金利のデメリットでもあります。

変動金利は金利が低いという点が大きなメリットになります。
高金利の時に借りて金利が下がると返済額も下がります。変動性のデメリットととして、借り入れ時に総返済額がいくらになるかわからないこと、金利が極端に上昇すると未収利息が発生してしまうことが挙げられます。

つまり、今後の景気が良くなり金利上昇が大きくなると思う人は固定金利を選び、景気が悪化し金利の上昇が小さいと思う人は変動金利を選ぶのが良いと考えられます。これから住宅ローンを組む人は、景気の動向を見極める必要があります。

変動金利から固定金利選択に切り替えると、固定よりも返済額が少なくなる例もあります。固定金利選択型は、一定期間固定金利を選択することができます。固定金利期間が短ければ、当初の金利は低くなります。動金利から固定金利選択に変える場合は、借入金残高を内入れして減額しておくと良いでしょう。



関連記事

  1. 住宅ローンの借り換えで返済を少しでも楽にしたい
  2. 引越し費用を安く抑える決めワザ!
  3. 日曜大工で住宅費を節約!家の修繕は自分でやろう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/79

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0