暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

車の手続費を節約!車庫証明、名義変更、廃車手続きは自分で!

車庫証明、名義変更、廃車手続を業者任せにしていると数万円もの代行手数料がかかってしまいます。これらの手続きは平日しかできないというデメリットがありますが、車にかかる費用を節約できるので挑戦してみましょう。

 ■100万円トクするカーライフ節約術

車の専門知識がない私でも、警察署や陸運局には申請書の記入見本を見ながらスムーズに手続きを行うことができました。

車を購入する際に必要な車庫証明を自分でとって節約!

車を購入する時や引越しで住所が変わった時は車庫証明の手続きが必要になります。業者に車庫証明をとってもらうと8,000円から10,000円ほどの代行手数料がかかります。自分で手続きをする場合は印紙代3,000円程度で済みます。
【手順】
1.所轄の警察署で車庫証明申請書を購入します。
2.自動車保管場所証明申請書に住所氏名や車名・車体番号などを記入します。
自宅の駐車場に車を保管する場合は保管場所使用権原疎明書面に必要事項を記入します。月極駐車場に車を保管する場合は保管場所使用承諾証明書に不動産屋に記入してもらいます。
3.駐車場周辺の簡単な地図と車庫の寸法などを記入した配置図を添えて、所轄の警察署に提出し完了。


車の名義変更(移転登録)を自分でやって節約!

代行屋に車の名義変更の手続きを依頼すると20,000円から30,000円程の手数料がかかります。自分で行えば3,000円程度で済みます。
【手順】
1.上記の車庫証明の手続きを済ませます。
2.車の旧所有者に、車検証、自賠責証明書、印鑑証明書、譲渡証明書、委任状を用意してもらいます。
3.住民票、印鑑証明書、車庫証明を持って陸運局へ行きます。
4.陸運局で移転登録申請書と自動車税・自動車取得税申請書に必要事項を記入し提出し完了。


車を廃車する前に査定を依頼して費用を節約!

車を手放すことになったら、まずは買い取り業者に査定を依頼しましょう。この頃は廃車する車の金属をリサイクルに出して儲けを出す「どんな車でも1万円で買取」と宣伝している業者があります。事故車、水没車、完全に動かない車でも査定してもらえます。実際には数千円の値段しかつかないことがあるようですが業者をあたってみる価値があります。
買取や引取りが完全に済むと、残っていた重量税や自賠責保険料の差額分が返金されますので、業者に必要な書類を発行してもらえるか確認しましょう。
買い取り業者から自動車検査証返納証明書(コピー)を受け取ったら、自賠責保険証と印鑑を持って、加入している保険会社の窓口で手続きを行います。数日後に指定の口座に自賠責保険料の差額分が返金されます。
業者で買取も引き取りもしてもらえなかった場合は、永久抹消か一時抹消かの手続きを行います。普通自動車と軽自動車では内容が少し違ってきます。



関連記事

  1. ETC割引で高速道路料金を節約
  2. ガソリンの給油はガソリンカードがお得!
  3. バス・電車・地下鉄の切符代を節約するコツ
  4. 飛行機代を安く!帰省や旅行にかかる費用を節約しよう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/70

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0