暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

携帯電話の節約ポイントを今すぐ確認しよう!

携帯電話のプランを見直したり、業者識別番号をつけたりすると携帯電話料金の節約をすることができます。

携帯電話料金の節約ポイント1「携帯会社の見直し」

家族、友人、恋人などよくかける相手が決まっている場合は、相手と同じ携帯電話会社にすると割安になります。
例えばソフトバンクのホワイトプランは、ソフトバンク同士なら1時から21時までの国内通話料が無料。ホワイト家族24では、家族との国内通話が24時間無料。メールはソフトバンク同士なら友達も家族も24時間無料です。

携帯電話料金の節約ポイント2「業者識別番号の活用」

固定電話から携帯電話へかける場合の通話料を安くすることができます。
例えば、NTT東日本なら固定電話から携帯電話にかけるときに「0036」をつけるだけで通話料金が約30%~60%も割引されます。
業者識別番号は電話会社によって変わってきます。
0036―NTT東日本
0033―NTTコミュニケーションズ
0039―NTT西日本
0077―KDDI
0088―ソフトバンクテレコム

いずれも各電話会社が設定している割引通話料金での利用ができます。申し込みは不要で、電話をかける相手の携帯電話番号の前に業者識別番号をつけます。(例:0036-090-XXXX-XXXX)

携帯電話料金の節約ポイント3「パケットは定額制がお得」

料金設定は、携帯電話各社で様々ですがパケット通信を頻繁にする場合は定額制のプランを申し込むと、毎月の携帯電話代金の節約になります。auでは月390円からのパケット定額プランがあります。
パケット定額を申し込むほどではないという人は、画像表示をしない設定にしておくとよいでしょう。パケット通信はデータの容量で課金されますから、表示する情報を少しでも減らすことが節約につながります。

携帯電話料金の節約ポイント4「携帯電話の明細書はネットで照会」

毎月の携帯料金の明細書を郵送で受け取っていませんか。郵送ではなく、インターネットで照会すると携帯代の節約になります。料金の支払いを口座振り替えかクレジットカード払いにするとサービスの対象になります。NTTドコモのeリビングなら毎月100円の割引に、auなら毎月15ポイントが加算されます。



関連記事

  1. 固定電話の契約を見直して電話代を節約しましょう
  2. 郵便代もかしこく節約しましょう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/66

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0