暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

節水型洗濯機で水道代を節約しよう

節水型洗濯機を使うと水道代を節約することができます。最近はどこのメーカーの洗濯機も節水に力をいれていて、少ない水でもしっかり洗いすすぎが出来るような節水型洗濯機が売られています。

日立のビートウォッシュは、タテ型タイプでは水循環ポンプを搭載した唯一の節水型洗濯機です。2003年同社の洗濯機4.5キロで1年間のランニングコストが約42,000円だったのに対し、2009年最新のビートウォッシュでは6キロで約28.700円とかなり節水効果が高くなっています。

日立ビートウォッシュ


シャープのタテ型洗濯機は、穴なし槽を採用していて洗濯槽と外側の槽の間に水が入らないため、節水率が高い節水型洗濯機と言えます。

最新の節水型洗濯機でなくても節水を心がけた洗濯をすることが大切です。すすぎは注水すすぎよりためすすぎを設定しましょう。注水すすぎをためすすぎにするだけで、年間5000円ほどの水道代の節約になります。
また、現代では「汚れたら洗う」より「着たら洗う」家庭の方が多いと思います。油汚れの作業着や泥んこ遊びの子供服といったひどい汚れがない場合は、洗濯機のスピードコースを選ぶことも節水になります。スピードコースはすすぎの回数が少ないので、投入する洗剤の量を少なめにするのがポイントです。



関連記事

  1. 家庭で出来る節水方法
  2. 水道代を節約する食器の洗い方
  3. 節水シャワーヘッドを使って水道代を節約しよう
  4. 最新の節水トイレはココがすごい!


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/61

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0