暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

最新の節水トイレはココがすごい!

最新の節水トイレは節水率が高いのことをご存知ですか。
東京都水道局の調べでは、家庭内で一番水を使うのがトイレで、二番目がお風呂となっているそうです。お風呂よりトイレの方が水を使っているなんて意外ですよね。トイレを買い替える予定があるのなら節水率が高いタイプの節水トイレを選びましょう。
従来の節水タイプの便器は、洗浄水量が12~13リットル程だったそうです。数年前に発売された節水トイレは洗浄水量が6リットル程になり、今までの水量の半分ということで話題になりました。
節水トイレも進化をしていて、2009年の最新機種ではTOTOのネオレストが4.8リットルと業界ナンバーワンを誇っています。10年ほど前の13リットルの節水トイレからネオレストに変えると、年間で180リットルを節水することができ、金額にすると13.735円もお得になるそうです。
最新の節水トイレではなくても、トイレの使い方を見直すと水道代の節約になります。よく耳にするトイレタンクにペットボトルを入れるという節水方法はおすすめできません。トイレタンクの水量は汚物を下水道まで流す量が設定されています。ペットボトルで水量を弱めてしまうと、便器の中がきれいに見えても、管の途中で汚物が止まってしまうことがあるそうです。詰まりの原因になりかねません。また、ペットボトルがひっかかったり、ペットボトルが栓を傷めたりして、気づかないうちに水が流れっぱなしになってしまったという事例がいくつも報告されています。
その場合かえって水道料金が高くついたり、修理代がかかったりと余計な出費がかさんでしまいます。トイレットペーパーを使わない男性の小のときは洗浄レバーを半分ぐらいで止めて流す水を減らすように心がけた方が節水につながります。



関連記事

  1. 家庭で出来る節水方法
  2. 水道代を節約する食器の洗い方
  3. 節水型洗濯機で水道代を節約しよう
  4. 節水シャワーヘッドを使って水道代を節約しよう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/59

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0