暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

調理方法を工夫してガス代を節約しよう



普段の調理方法を少し工夫するだけで、ガス代を節約することができます。
ポテトサラダを作るとき、じゃがいもを茹でて、ゆで玉子を作ってなんて手間をかけていませんか。ひとつの鍋で一度に茹でてしまえばガス代の節約になります。皮を剥いたじゃがいもを4つに切り、さっとゆすいだ玉子と一緒に鍋に入れます。かぶる位の水を入れて火にかけ12分ほど茹でれば、ポテトサラダの下ごしらえが完了です。
グリンピースやインゲンを加える場合は、じゃがいもと玉子が茹であがる1~2分前に加えるとガス代が無駄になりません。
スパゲッティーやマカロニグラタンを作る時のパスタのゆで方を工夫すると、ガス代を節約することが出来ます。沸騰したお湯の中にパスタを入れ、再沸騰したら火を止めます。鍋にふたをしてコンロの火を止めます。パスタのパッケージに表示されている茹で時間と同じ時間放置して待つだけで、アルデンテの茹で加減に仕上がります。そばやうどんの乾麺にも応用できる茹で方です。

炊飯器でご飯を炊くときに、水洗いした玉子を入れ炊飯スイッチを入れるとごはんとゆで玉子が同時にできあがります。赤ちゃんの離乳食、お年寄りの介護食作りなどで少量の野菜を下茹でしたい時にも炊飯器の同時調理が手間いらずでガス代の節約になります。カットした野菜を耐熱容器に入れ、磨いだお米の上に乗せ炊飯スイッチを入れて普通に炊くだけ。
このように調理方法を工夫すると、ガスを使う時間が減りガス代の節約になります。



関連記事

  1. 圧力鍋や保温調理鍋を活用してガス代を節約しよう
  2. 少量の野菜なら茹でるより電子レンジがお得!
  3. お風呂の沸かし方、入り方を工夫してガス代を節約しよう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/55

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0