暮らしに取入れやすい節約術を紹介します。

電化製品の待機電力をカットして電気代を節約しよう

使っていない電化製品の電気代を支払うのはもったいないので、待機電力をカットする習慣をつけましょう。
例えばテレビの毎日20時間コンセントからプラグを抜いておくと、1年間で約70円の節約になるそうです。また、1年間で約1.2kgのCO2の削減になりエコな暮らしにつながるというデータも。

家庭内の電化製品では、HDD・DVDレコーダーやビデオデッキが待機電力消費量が高いようです。使っていないときはプラグを抜いて電気代を節約しましょう。
いちいちプラグを抜くのが面倒くさい、つい忘れてしまうという人は、電化製品のの電源を切る時にリモコンで切るのではなく本体の主電源を切るクセをつけると良いですね。エアコンや無線LANのルーターなど、主電源を切るのが困難なものには、スイッチひとつで元電源を切ることができる節電コンセントを使うと便利です。

taiki.jpg こちらは私の家で使っている節電コンセントです。コンセント全体でも個別でもスイッチで電気を切ることができ、いちいちプラグを抜くことなく節電できる便利アイテムです。節電コンセントは、電化製品の危険なタコ足配線を解消することができるのでおすすめです。

近年急速に広まった電化製品に暖房便座がありますね。暖房便座は使ったらふたをすると年間約770円の節約になるというデータがあるようです。温度設定を1度下げるだけで、年間約580円の節約になるそうです。家族が全員外出する時は暖房便座のプラグを抜くと、便座の保温にかかる電気代がカットできます。



関連記事

  1. 太陽光発電で節約・節電!停電時も電気が使える便利なソーラー発電
  2. 省エネ、エコロジーなLED電球につけかえて電気代を節約しよう
  3. 契約アンペアを低めに設定して電気代を節約しよう
  4. 電気料金の支払い方法見直しで少しでもお得に!
  5. 省エネ率が高い電化製品を選んで電気代を節約しよう


応援ポチッとお願いしますm(..)m
節約に役立つブログがたくさんあります!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://himsho.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/53

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0